// Tutorial //

JSON.parse() および JSON.stringify() の使用方法

Published on December 15, 2020
Default avatar
By Alligator.io
Developer and author at DigitalOcean.
日本語
JSON.parse() および JSON.stringify() の使用方法

はじめに

すべての最新ブラウザで使用可能なJSON オブジェクトには、JSON 形式のコンテンツを処理するための便利なメソッドであるparsestringifyの 2 種類があります。JSON.parse() は、JSON 文字列を取得し、JavaScriptオブジェクトに変換します。JSON.stringify() は、JavaScriptオブジェクトを取得し、JSON 文字列に変換します。

次に例を示します。

const myObj = {
  name: 'Skip',
  age: 2,
  favoriteFood: 'Steak'
};

const myObjStr = JSON.stringify(myObj);

console.log(myObjStr);
// "{"name":"Sammy","age":6,"favoriteFood":"Tofu"}"

console.log(JSON.parse(myObjStr));
// Object {name:"Sammy",age:6,favoriteFood:"Tofu"}

また、メソッドは通常オブジェクトで使用されますが、配列でも使用できます。

const myArr = ['bacon', 'lettuce', 'tomatoes'];

const myArrStr = JSON.stringify(myArr);

console.log(myArrStr);
// "["shark","fish","dolphin"]"

console.log(JSON.parse(myArrStr));
// ["shark","fish","dolphin"]

JSON.parse()

JSON.parse() は、値が返される前にオブジェクト値を変換できる2つ目の引数として、関数を指定することができます。この時、parse メソッドの返されたオブジェクトでは、オブジェクトの値が大文字に変換されます。

const user = {
  name: 'Sammy',
  email: 'Sammy@domain.com',
  plan: 'Pro'
};

const userStr = JSON.stringify(user);

JSON.parse(userStr, (key, value) => {
  if (typeof value === 'string') {
    return value.toUpperCase();
  }
  return value;
});

注: JSON では末尾のカンマは無効なため、渡された文字列の末尾にカンマがある場合、JSON.parse() は、エラーを表示します。

JSON.stringify()

JSON.stringify() は、2つの追加引数を指定することができます。1つ目はreplacer関数で、2 つ目は文字列または数値を、返された文字列のスペース(インデント)として使用します。

replacer 関数を使用すると、 undefined として返された値が結果の文字列から除外されるため、値をフィルターで除外できます。

const user = {
  id: 229,
  name: 'Sammy',
  email: 'Sammy@domain.com'
};

function replacer(key, value) {
  console.log(typeof value);
  if (key === 'email') {
    return undefined;
  }
  return value;
}

const userStr = JSON.stringify(user, replacer);
// "{"id":229,"name":"Sammy"}"

そして、スペース引数が渡された例を示します。

const user = {
  name: 'Sammy',
  email: 'Sammy@domain.com',
  plan: 'Pro'
};

const userStr = JSON.stringify(user, null, '...');
// "{
// ..."name": "Sammy",
// ..."email": "Sammy@domain.com",
// ..."plan": "Pro"
// }"

まとめ

このチュートリアルでは、JSON.parse()JSON.stringify() メソッドの使用方法を見てきました。JavaScript でJSON を使用する方法について詳しく知りたい場合は、JavaScript でJSON を使用する方法のチュートリアルをご覧ください。

JavaScript でのコーディングの詳細については、JavaScript でのコーディング方法シリーズを参照するか、JavaScriptのトピックページで演習とプログラミングプロジェクトをご覧ください。

If you’ve enjoyed this tutorial and our broader community, consider checking out our DigitalOcean products which can also help you achieve your development goals.

Learn more here


About the authors
Default avatar
Developer and author at DigitalOcean.

Default avatar
Developer and author at DigitalOcean.

Still looking for an answer?

Was this helpful?
Leave a comment

This textbox defaults to using Markdown to format your answer.

You can type !ref in this text area to quickly search our full set of tutorials, documentation & marketplace offerings and insert the link!